アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

リーマンでもできるメルマガアフィリエイト講座 第2回

「リーマンでもできるメルマガアフィリエイト講座」

第二回目です。

第二回目つまり第二章は、「メルマガの書き方と必要なテクニック」です。

(1)メルマガの書き方
(2)必要なテクニック(およびツール)

に分けて解説しますが、長くなりますので、2回に分けて配信します。


今日は、(1)メルマガの書き方 についての解説です。
では、さっそくはじめましょう。


●あなたのメルマガ発行のスタンスが一番重要!


あなたは、何のためにアフィリエイトをしていますか?
しようとしていますか?

  そんなの当たり前だよ!稼ぐためにアフィリをしているんだよ!


分かっています。でも、ちょっと待ってください。



”稼ぎたい””売りたい”オーラが一杯のメルマガを読んでいて、
気持ちがいいですか?

紹介されている商材を購入したいと、思いますか?


  いいや、買いたくないよ。解除したいくらいだよ!


そうですよね。今、ここを勘違いしているメルマガが多いですよね。


そう言う私も、最初は、商材の紹介を、せっせと書いていました。
売り手の立場で、ここがいい、これは凄いとね。


・・・・・全然、成果は上がりませんでした。

自分では、有名な「福田式」を実践しているつもりでした。



もともと、「福田式」なら簡単に稼げるんじゃあないかと思い、
始めたのが、私がメルマガアフィリエイトをするきっかけでした。

これじゃあ、全然成果でないと感じたし、やっていて詰まらない。と
感じていたので、いろんな方のメルマガを調査しました。

いろいろ調べていくと、すーと最後まで読ませてくれるメルマガも
あるのです。商材の紹介をしているのにもかかわらずです。


これは、何が違うのか???


気づいたのがーーーー
「メルマガ発行のスタンスの違い」なんです。

基本中の基本なので、もう一度言います。
「メルマガ発行のスタンスの違い」なんです。


毎回、商材の紹介をしている方のメルマガでも、成果を出してる人の
メルマガは、

  【読者さんに、アフィリエイトで稼いでもらいたい。
   そのための商材紹介だったり、無料レポート紹介なのです】


メルマガの書き方で一番重要な点は、このスタンスの問題です。

まったくの初心者でも、こういう気持ちでメルマガを書きましょう!



●売り込みすぎないこと!


あなたからのメールが全て売り込みだったら、どうでしょう?

  解除または無視ですよね。


だって、自分のことばかりーーーでは信頼関係が築けませんよね。

恋愛関係と同じです。人間関係と言ってもいいですね。

常にwinwinの関係で。


この点、年を重ねてきたわれわれ世代は、強いですよ。
ただし、リアルの世界ではですけどね。ーーー



では、ネットの世界、メルマガの世界ではどうすればいいのでしょう?



答えは、コンテンツ(情報)を配信することです。



信頼関係は上がります。コンテンツは読者のためになるコンテンツです。

ひとつでも役にたつコンテンツがあれば、継続購読していただけます。

    1コンテンツ・1セールスのルール

というのがあるそうです。(故コーリールードル)


つまり、ひとつのセールスを流すためには、ひとつのコンテンツを
流さなければならない。

    コンテンツ
    セールス(アフィリ)
    コンテンツ
    セールス(アフィリ)
    コンテンツ
    セールス(アフィリ)
     ・
     ・
     ・
     
こうやって、コンテンツを流していると、セールスの違和感が
なくなるのです。

役立つコンテンツなんか、思い浮かばない。という人、
いい方法があります。ほとんどの方はこれをしています。


それは、優良無料レポートを紹介するのです。


ほんと、今は恵まれています。

【3】の読者獲得方法のメイン手法にもなりますが、
たんに、ダウンロードさせようと、無料レポートを紹介するのではなく、
役立つコンテンツを提供することとして、無料レポートを紹介するのです。



もっと、極端なやり方は、極力アフィリエート回数を減らし、
コンテンツを配信(無料レポート紹介)し続けるスタイルで
成功されているかたもいます。



●メルマガのタイトルは命


これ、本当です。

インパクトのあるタイトルでないと、メールを見てもらえません。
信頼関係というか、あなたのブランドが出来て、あなたのメールなら
全て見る。という所までに持っていくには、時間がかかります。


捨てアドレスとか、迷惑フォルダーに入っているメールでも、
タイトルが光っていると、つい、開いてしまいます。


このタイトルのつけ方は、或る意味、センスの問題だといえますが、
訓練は出来ますから、実行してください。

  ?メルマガのタイトルを見て、惹かれたものを分析する。
  ?街の広告、電車の中吊り、TVコマーシャルを研究する。
  
 よく言われていることは、具体的数値が入っていること
 「○日で」「月○○万円稼ぐ」「○秒でわかる」「○○○アクセス集めた」
 「○倍に」

  実際、良く読まれるメルマガの50%以上は数字が入っています。

 そのほか、キーワードがいろいろあります。
 暴露、秘密、秘訣、超○○、----

でも、やりすぎはかえって逆効果です。


こんなのが、ありました。

「○○さん、先日はありがとうございました」

このメールを開いたところ、関係ないメルマガでした。即解除です。
こんな奇抜な(いや人を馬鹿にした)ことは、やめましょう。


でもーーーーーー

最近トップアフィリエイターの方は凄いです。

なにが凄いかというと、開封率です。

ああああああああああ

とか、

死体洗いのバイト募集ー日給10~20万

とか

気になって、開封してしまいますよね。

トップアフィリエイターの秘密ですが、タイトルをつけるとき、商材内容を考えないんだ
そうです。

そして、ストーリーを作って、商材のクリックにつなげています。

死体洗いバイトの例では、

■おかん!死体洗いのバイトしたいんやけど。と昔おかんに言ったら

あんた~そんなもんするんやったらコレでもしときや~と言われた

 ↓

URL

こんな感じです。以外にこれで、ファンができるのです。





●解除フォームは目立つところに(先頭がベスト)

まぐまぐが人気ある理由のひとつに、いつでも解除できる。という安心感
があります。

独自配信の場合には、先頭に解除フォームをもってきましょう。
私は、今のところ、文末においていますが、PRJAPANのほうで、
しばらく、先頭に解除フォームをつけるといっていますので、
そのままにしています。


解除フォームが目に付くところにある⇒あなたの信頼が増す。
ということです。


解除は歓迎すべきです。(【3】の読者獲得方法でも触れます。)

そして、解除フォームですが、手の込んだことをやるノウハウもあります。
つまり、解除フォームを自分のHPに造り、そこに誘導し、そのHPで、
無料レポートをダウンロードさせるように仕向けるやり方です。


現在、わたしはこちらの仕掛け(ブログにて解除してもらう方法)のほうを
使っています。




●メルマガスタイルなのか、メールレタースタイルなのか?


今の私のメルマガのスタイルは、中間かな。

メルマガスタイルとは、

いわゆるマグマグで従来からよく見るメルマガスタイルで

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こういった装飾や、罫線でパターンを作ってあるものを言います。

いい点は、読者がなれてくると、自動的に読むところがわかること。

ただ、あまり飾りすぎると、見た目に鬱陶しくなるので注意してください。


メールレタースタイルは、こういう装飾は一切なく、メールに近い
スタイルのものを言います。


これも、好みによりますが、読者の読みやすさを考えると、
或る程度、メルマガスタイルを取り入れたほうがいいでしょう。



●本名かハンドルネームか?


メルマガの発行者の名前。
これは、最初に考えておかなければなりません。

そして、一度決めたら、頻繁に変更しないことです。



私は、ハンドルネームにしようか、本名にしようか考えました。
ハンドルネームで読者の信頼を得るためには、時間がかかると判断しました。

物を売る行為に近いので、ミスター・マリックとか、ミミちゃんとか
では信用を得るの難しいと思います。


そこで、本名でいこうと思いましたが、
「まだ、現役サラリーマンであること」「ネットで有名になると危険?」
「自分の好きな名前がある」コトから、

ステージで時々使っている名前(ステージネーム)を使うことにしました。


それが、トシポンです。

ペンネームですね。


この方法、サラリーマンにはいいと思いますよ。


ただし、自分で商材を発行するとか、なにか物を売る場合は
法律(特定商取引法)で、氏名や連絡先の明示が義務付けられていますが、
アフィリエートで広告収入を稼ぐ場合には、これらの義務はいっさいありません



あと、女性名で発行される方もいます。ネカマですね。

やっぱり、女性名のほうがクリックされやすいですよ。
安心感があります。

余裕があるかたは、どうぞ!

でも、成功しても、なかなかセミナーやオフ会に顔を出しづらいですよ。




●つかみ と 編集後記 でコミュニケーション


メルマガで一番読まれているところは、冒頭と、編集後記です。
人間味が出せるところでもあります。

冒頭で、つかみ をとり、編集後記で舞台裏やプライベート、本音を
出しましょう。


冒頭の2,3行は、なにげなくても、非常に重要です。
ここで、笑いをとったり、人間味をだすため、日常を入れたりします。

主婦のかたなら、今晩のおかずのこととか、昼ねをしたとかーーー
サラリーマンのかたなら、仕事で失敗したとかーーー

趣味の話をいれてもいいですし、小話やなぞなぞ、パズルなど
時々、趣向をかえるのもいいでしょう。



ただ、あまり、長くしないことです。

それより、「続きは編集後記でーー」といって流したほうがいいでしょう。

よく、ブランドを確立しましょう。といわれますが、こういうことで
あなたと言うブランドが出来てくるのです。

読者との距離感が、ぐっと縮まります。


全知全能を傾けるべきところでもあります。


編集後記も同じです
気に入った方のメルマガを参考にするといいですよ。


編集後記で、さらりとアフィリエイトするというテクニックも有効です。



●一人の人に話しているように書く


読者との距離感の話をしましたが、本文でも、一人の人に話しているように
書くと、距離感が縮まります。

メルマガを出し始めたころは、反応がないので、不安になりますが、
問いかけたり、誘ったり、一人の人に話しているように書き続けると、
いつの間にか、読者の心に入っていくと思います。


●書き方のポイント


(1)一行は、32字以内にしましょう。(半角目盛で64)
(2)行間をうまくとる。1.2、3.5行、空けを組み合わせる。
(3)漢字を多くしないで、ひらがなにする。
(4)難解な言葉はつかわない。
(5)飾りはほどほどに
(6)★■□●○をうまく取り入れる。
(7)顔文字は、あなたのキャラしだいで使うと効果的


●目次は作ろう


2,3の項目を書く場合は、必ず目次を書き、その番号をあわせましょう。
読むほうは、非常に分かりやすく、必要ないところはとばすことが出来るので、
必ず、目次は作りましょう。



以上が、(1)メルマガの書き方 です。
明日は、(2)必要なテクニック(ツール)について解説いたします。


スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

お勧め情報

メルマガで濃い情報をお届け

お気に入り

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。